VPSサービスで使えるオプション

category01

VPSは多くのオプションサービスを用意しています。各サービス会社で違ってきますが、多くのサービスでオプション設定されているものにIPアドレスの追加があります。

サーバーの特別な情報を載せています。

ウェブサービスを作る場合にグローバルIPアドレスが複数欲しい場合があります。



また、ロードバランサーを実現するにも必要です。
クラウドサービスを利用すればよいのですが、コスト面でVPSを採用する事例が多くなっています。
また、ウェブサービスを運用する場合に問題となるアクセスが急増して契約したプランではハードウエアが足りないケースにも対応するオプションが増えてきています。


このような場合には一時的にCPUやメモリを増設することで対応できますが、VPSでは長くこのオプションには対応しておらず、プランごとの追加が求められることが多くありました。
しかし、現在のプランにハードウエアを追加するオプション、しかも、利用した時間で課金される方式が採用されることが増えており利便性が格段に上がって来ています。


中にはロードバランサーなども用意されている場合もあり、クラウドサービスのようにプランを利用できると高評価を得ています。VPSサービスは価格競争が激しいと思われていましたが、すでに限界まできていると考えられてきており、各サービス会社ではオプションサービスに力を入れてきています。また、クラウドサービスを提供していないサービス会社ではVPSをクラウドサービスに変えてきた会社も多く、今後ますます利便性が上がると期待されています。

素敵なマイナビニュース情報をお教えします。

身になる知識

category02

VPSはレンタルサーバと違ってROOT権限ももらえるので自由な設定ができ、まるで物理サーバのように利用できることから個人から企業まで幅広く利用されています。特に企業での利用が急速に増えています。...

subpage

サーバの事柄

category02

現在使っているPCやマックの他にデスクトップ環境を用意する方が増えています。利用理由としてはマックユーザがWindowsソフトを使いたいからとか、現在のPCにソフトを入れる前にテストとして入れたいなどです。...

subpage

いまどきのサーバ

category03

linuxを使って作業がしたいとかサーバを立てたいと考えるならVPSを利用する方が簡単です。物理サーバを用意して立ち上げることもできますが、電気代やスペースを考えるとパフォーマンス的にもVPSサービスのほうがメリットがあります。...

subpage

人に言いたいサーバ

category04

VPSはレンタルサーバとは違ってOSのインストールが自由になっています。多くのVPSサービスではOSのインストールメディアを用意しており、Webからすぐにインストールできます。...

subpage