企業でもVPSは利用されてます

VPSはレンタルサーバと違ってROOT権限ももらえるので自由な設定ができ、まるで物理サーバのように利用できることから個人から企業まで幅広く利用されています。特に企業での利用が急速に増えています。

これまで企業ではサーバが必要になればその都度購入することが多かったのですが、電気代、場所代、空調代とコスト面で厳しくなってきているのでVPSサービスに注目しています。

特に電気代については対応が急務というケースが多いようです。

物理サーバは進化して省電力設計になっていますが、それでもVPSで用意するサーバに比べれば電気代だけで割高に感じる企業が多いようです。

人気のあるNAVERまとめの情報が揃っています。

VPSサーバといえば安定しないという意見もありましたが、仮想化技術の発達、利用される物理サーバのスペックアップもあってほとんどの場合契約したスペック通りのちからを安定して発揮してくれると評価されています。



また、企業での利用は災害対応でも増えています。



社屋にサーバがあれば災害時も対応できると考えられてきましたが、社屋が大丈夫でも電気がない、また、想定上の災害も多くなってきています。そこで複数の拠点にサーバを設置してバックアップをとったり、災害時の代理サーバとする案も考えられていますが、コスト面で厳しいという企業も多いです。

そこで注目されているのがVPSです。


設置されるサーバの所在地が日本、海外と広範囲で選べる場合が多くなってきており、災害対応の切り札として検討する企業も多いです。