linuxを使うならVPSがいい理由

linuxを使って作業がしたいとかサーバを立てたいと考えるならVPSを利用する方が簡単です。
物理サーバを用意して立ち上げることもできますが、電気代やスペースを考えるとパフォーマンス的にもVPSサービスのほうがメリットがあります。



また、仮想ソフトを利用してPCでlinuxを利用する方もいますが、やはりパフォーマンス面、また、外部公開させるという意味でも外部にサーバがあった方が何かと便利です。

VPSサービスは高いと考える方が多いようですが、月に1000円程度から利用できますので電気代を考えるとかなり割安感があります。また、能力的に足りなければ上位プランに移動することもできますので利用するソフトウエアやサーバソフトに自由に合わせられます。スペック的にはXEONサーバをベースにしているVPSサービスが多いのでそれのコアをいくつか利用すると考えると十分なスペックと考える方が多いようです。



また、ハードディスクが足りないと考える場合は追加で用意できることもありますし、バックアップが自動で動くサービスが多いのでデータ保全も安心です。


VPSを利用する際にもっとも不安に感じることが多いのがセキュリティと言われています。

しかし、linuxを利用するのであればインターネットに接続した段階で社内で用意した物理サーバでもローカルPC内の仮想ソフトで動いているlinuxでも同様のセキュリティ設定が必要となってきます。

特別なBIGLOBEニュースに関する情報の一覧です。