デスクトップ環境を作るのもVPSが便利

現在使っているPCやマックの他にデスクトップ環境を用意する方が増えています。



利用理由としてはマックユーザがWindowsソフトを使いたいからとか、現在のPCにソフトを入れる前にテストとして入れたいなどです。多くは新しくPCを買わずに気軽にデスクトップ環境が作りたいということです。


その場合、仮想化ソフトを自分のPCやマックに入れて新しくOSをインストールすることが多いようですが、仮想化ソフトも市販のソフトであることが多くコストがかかりますし、安定しているデスクトップ環境を崩したくないという方も多いです。


そこでVPSの出番となります。VPSは物理サーバのCPUからメモリ、ハードディスクを仮想化してレンタルするサービスです。


クラウド型のレンタルサーバと似たサービスですが、クラウド型ほど自由度はなく、また、月額制であることが多く、クラウド型のように使った分コストがかかるということもありません。


さらに一般的にVPSの方がクラウドサービスよりも安いです。
VPSサービスの利点はOSを自由に入れれることです。

自前のISOも利用できますし、主要なOSならWindowsも含めてサービスで用意されていますので自由に入れられます。



ライセンスが必要な場合は月額料金に入っているかオプションで購入します。


月額1000円程度で利用開始できますので、物理サーバを買ったり、仮想化ソフトを買うよりも安く始められます。

NAVERまとめ情報をお届けします。

しかも、電気代も入っているので低コストで運用できます。