WindowsでもLinuxでも使えるVPS

VPSはレンタルサーバとは違ってOSのインストールが自由になっています。



多くのVPSサービスではOSのインストールメディアを用意しており、Webからすぐにインストールできます。

初期のVPSではLinuxやFreeBSDがインストール可能なことが多かったのですが、Windowsについてもサーバー版を使うことができるサービスが増えています。
VPSのOSの管理は無料で利用できるOSについては自由に何度でも設定でき、Widnowsなどの有料OSの場合は他のOSが入れられなかったり、回数が制限されるサービスが多くなっています。



ただし、同一のライセンスを使うことができるのでOSの入れ直しは自由にできるサービスが多いです。


VPSの新しい流れとして用意されているOS以外に自分が用意するISOからインストールできるサービスが好評です。

マイナビニュースの情報がてんこ盛りのサイトです。

ISOをカスタマイズして利用する方も多く、自分専用のサーバをすぐに構築できると好評です。一部のISOについてはサービスの他の利用者にも公開できるなどのサービスもあり、物理サーバと同様の使い勝手を実現してきています。

物理サーバと同様の仕組みとしてはインストール中の画面も見ることができるようになってきています。

サーバのBIOS画面からISOが読み込まれOSの起動画面、設定画面が見られます。


これを実現できているのは物理サーバの仮想化技術の進歩であり、多くのサービス会社がさまざまなカスタマイズをしてユーザーの利便性向上をおこなって来ています。